診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院 菊名鍼灸院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2019 2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

サイトマップ

スタッフブログ

2019年2月5日(火)

笑顔の日☆

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

今日は笑顔の日(⋈◍>◡<◍)

 

社会を明るくする活動を行っているボランティア団体の有志が、制定しました。

 

「ニ(2)コ(5)ニコ」の語呂合わせで、ニコニコといつも笑顔でいようという日(^O^)

 

笑顔1

 

笑顔は心と体を元気にし、その健康効果は、医学的にも証明されていて、笑わない人よりも笑う人のほうが傷の治りが早いというデータもあるそうです(^O^)/

 

 

いつもニコニコしている人と、いつも眉間にシワを寄せている人、どちらの方が感じのいい人か?なんて、いつもニコニコしている人に決まっていますね(^^♪

 

まあ、そうはいっても、せわしない日々で、心の底から笑うことってあんまりない世の中・・なんてことになりがちです。「笑顔の日」くらい笑顔で過ごしたいですね♪

 

 

最近では、SNSやゲームの普及によって、自宅にこもったり、パソコンに向かって仕事をしている、なんて人も多いです。

 

 

コミュニケーションや連絡もメールで済んでしまう便利な世の中ですが、笑顔どころか人間と会話する機会を得るのもひと苦労なんて人も、いるのではないでしょうか。

 

 

笑顔になると、セロトニンというホルモンが分泌し、幸福感をもたらし、人と一緒にいるときは、一人でいるときの30倍も笑うという調査結果もあるそうですよ!

 

相手が笑うと、こちらも笑顔になること、つまり、笑顔は伝播するということもわかっています。

 

 

 

人との直接的なコミュニケーションがなくても、お笑い番組など見て、大笑いするのでも、いいかもしれないですね(^O^)/

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

2019年2月4日(月)

立春

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

今年2019年の立春は、本日2月4日です。

立春に入ると「寒明け」です。

暦の上では、立春の日から春が始まり立夏の前日までが春となります。そして、立春は二十四節気が始まる節気で、かつては1年の始まりともされていました。

 

茶摘みに歌にある八十八夜や、台風の厄日として知られる二百十日・二百二十日などは、立春を起点に数えた日数です。

 

立春

 

日本では新年を新暦1月1日で祝うようになりました、今でも中国などでは立春を春節として盛大に祝う習慣があります。

 

旧暦は、月の動きを基準とし、二十四節気は太陽の動きを基準とした暦です。毎年日にちがずれるのがあたりまえなのですが、約30年に1度、旧暦の元旦と立秋が同じ日になることがあります。

 

この旧暦の元旦と立春が同じ日になることは、朔旦立春(さくたんりっしゅん)といい、大変縁起の良いこととされています。

 

ちなみに、旧暦の元旦の前に立春があると、年内立春と呼び、元旦の後に立春があることを新年立春と呼びます。

 

立春の時に食べられる物としては、

和生菓子

立春の早朝に作られた和生菓子を24時間以内に口にすると縁起が良いとされているらしいです。そして、春をあらわす代表的な和菓子なら「さくら餅」や「うぐいす餅」が人気があります。

豆腐

昔から豆腐は、身を清める食物と考えられていたそうです。なので、立春に豆腐を口にすると「清められた体に幸せを呼び込む」といわれています。

立春朝搾り

立春朝搾りとは、立春の日の朝に搾ったお酒のことを言うそうです。また、新たなる一年のスタートとして、立春の日に作られたお酒を呑むことによって縁起が良いとされています。

 

立春で暦の上では春になっても、2月は寒さがまだまだ厳しい時期です。

そんな中にも、時折、春を感じさせる陽射しが差し込む日もあり、九州や太平洋側の温暖な地域からは梅の開花の便りも届き始める時期でもあります。

春はもうすぐそこまで来ていますね!

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9~11時、午後は15時~17時の

時間帯が比較的空いています。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

2019年2月2日(土)

頭痛の日☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

本日は頭痛の日!

 

「ず(2)つう(2)」の語呂合せだそうです。

 

 

頭痛薬「タイレノール」を販売しているジョンソン・エンド・ジョンソンが2001年に制定。

これとは別に慢性頭痛に悩む人たちで結成した「頭痛撲滅委員会」も制定しましたが、どちらも現在は実施されていないそうです。

 

 

頭痛もちの方、多いですよね(>_<)

 

頭痛の日☆

 

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれています。

 

これほど身近ということもあって、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れていることもあります。

 

 

頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それによって予防法や対処法が大きく異なるため、一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。

頭痛があっても、軽度でうまく付き合える方もいますが、頭痛のために生活の時間が奪われる、またいつどこで頭痛が起きるか 不安を持って大変悩まれている方もいらっしゃいます。

 

 

 

頭痛は広く一般的な病気ですが、その種類はさまざまで、原因もそれぞれ異なります。

 

 

・緊張型頭痛

ストレスや姿勢の異常、頭頚部の筋肉の酷使などによって、頭頚部の筋肉が凝った状態となり、筋肉が放出する発痛物質によって頭痛が生じると考えられています。

 

・片頭痛

三又神経周辺の血管が拡張し、神経を刺激することで発症すると考えられています。

 

・群発頭痛

アルコールや硝酸剤などの血管拡張薬によって、頭部の血管が拡張することが原因だといわれています。しかし、明確な発症メカニズムは解明されていません。

 

 

原因はいろいろですが、強いストレスで自律神経が乱れ、頭痛が起こることがあります。

 

適度な運動を取り入れたり、リラックスできる時間を過ごしたりすることで、ストレス解消に努めましょう。ストレスが強い場合は環境を変えることも有効です。

ストレスの解消方法は人によって様々ですので、普段から自分なりの解消法を考えておくとよいでしょう。

 

 

長時間同じ姿勢で机に向かってパソコンを見つめ続けるなどしていると、筋肉に疲労がたまり、肩こりや眼精疲労を感じる事があり、肩こりや眼精疲労は、頭痛を引き起こす原因になる事があります。

 

気になり始めたら、軽く肩や首の筋肉をのばすストレッチをし、作業中に適宜休憩を入れることも大切です(^O^)/

 

ストレッチ3

 

また、睡眠が不足すると自律神経が乱れ、頭痛を引き起こしやすくなりますので、質のよい、十分な睡眠時間を確保できるよう、普段から夜更かしや長すぎる昼寝などはしないようにしましょう。

 

寝る前のスマートフォンなどの使用もできれば控えたいものです。

寝過ぎることも頭痛を招く原因になりますので、注意が必要です。

 

 

 

本日は12:30まで診察致しております。

 

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

本日は、15:30~夕方の時間帯で、現在予約可能ですm(__)m

 

当日12:30までにご予約お願い致します。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

 

2019年2月1日(金)

重ね正月

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

本日 2月1日は、「重ね正月」もしくは「一夜正月」です。

 

お正月は1月1日でしたが、2月1日もなぜ「正月」と呼ばれるかというと、現在の暦では、正月に年齢が変わりますが、2月1日は正月後の最初の1日であることから、 重ね正月・一夜正月は、2度目の正月として厄年となる人に仮に一つ歳をとらせて、 早く厄年をやり過ごそうとする風習に由来するそうです。

 

yjimage

 

 

古来より伝えられ、江戸時代に広まった厄年・厄祓い、 忌み嫌われる厄年を早く済ましてしまおう、という意図で、 厄年に入った人に、2月1日を1日だけのお正月として、さらに1歳加算することで、 本来ならば向こう一年続くはずの厄年がたった1ヶ月で終わるという風習です。

 

数え年で、

女性の場合は、4歳、19歳、33歳、37歳、61

男性の場合は、4歳、25歳、42歳、61 とされている厄年。

特に要注意とされる〈 大厄 〉は、女性 33歳、男性 42歳です。

 

厄年の考えが広まった当時の人々の平均寿命が、40代前後であったことなどから、 健康に注意すべし、という注意・警告の意味も込められていたという説もあります。

 

また最近では、女性の33歳はホルモン分泌の低下や、男性の42歳は免疫力が低下したりするために、男女共に体調不良が起こりやすい年齢というデータもあります。

 

2回目の正月を設定して厄や不運をかわしてしまうというのは、かなり強引ですが、 それくらい不安で忌み嫌っていた「厄年」。

 

最近では、あまり気にしない日も増えたようですが、身体の不調が起こりやすいという意味では、気をつけたいものですね。

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9~11時、午後は15時~17時の

時間帯が比較的空いています。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>