診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院 菊名鍼灸院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2019 2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

サイトマップ

スタッフブログ

2019年2月28日(木)

足のむくみ☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

今日は、本降りの雨。

 

いつもなら雨か・・( ゚Д゚)っと、どんよりするところですが、ひどい花粉症なので、今日は雨がとっても嬉しいです。

勝手なものですが・・(*_*)

天気が2、3日周期で変化していて、春がもうきていますね(⋈◍>◡<◍)

 

 

 

足のむくみ気になりますよね(+o+)

 

立ちっぱなしの姿勢のせいで足が痛くなったり、むくんだりするのは、血液やリンパ液、水分などが足にたまってしまうことが主な原因です。

冷えや寒さにより、血めぐりが悪くなると、さらに足の痛みやむくみが、悪化する場合もあります( ゚Д゚)

 

ふくらはぎ1

 

 

私たちの体内には血管が張りめぐらされ、血液が体内を循環することで、酸素や栄養分を運び、老廃物や疲労物質を回収しています。

同時に、リンパ管を流れるリンパ液が、細胞から受け取った不要な水分や老廃物を血管に戻しています。

 

筋肉には血液やリンパ液を送り出すポンプのような働きがあります。

しかし、立ちっぱなしの姿勢などで足の筋肉を動かしていないと、血液や水分などが足にたまってしまい、むくみが生じます。

立ち仕事の場合、同じ姿勢を長時間続けることによる筋肉の疲労も重なり、足の痛みやだるさが伴うケースもあります。

 

 

このような足の不快な症状を助長するのが、冷えや寒さで、体が冷えると筋肉が緊張し、血行やリンパ液の流れが悪くなるからです。

冷えているかを見分けるには、手のひらを膝の裏や足首に当てる方法があります。

「手が温かくて気持ちいい」と感じたら、足が冷えているので、保温性の高い下着やタイツなどで、冷えを防ぐ服装を心がけてください。

 

 

むくみの原因となる冷えを防ぐには、できるだけ冷たいものは避け、温かいものを食べるようにしてください。

お昼に冷たいメニューを食べるなら、温かいスープや飲み物を添えます(^_-)-☆

 

健康維持のために、適度な水分補給は不可欠ですが、味の濃いものを食べると必要以上に水分をとってしまい、むくみを招きます。

 

 

 

入浴には、血管を拡張して血行を促す効果があるので、立ち仕事で緊張した筋肉をほぐすとともに、発痛物質や疲労物質を流し去ります。

浮力には、疲れた関節や筋肉を休ませる効果もあります。

また、水圧より足にたまった血液やリンパ液を押し戻すことで、健やかな循環を助けます。

 

 

このように、入浴には体を清潔にする以外にも、さまざまな働きがあります。

足のむくみや疲れが気になる人は、シャワーではなく湯船につかる習慣を身につけましょう(^O^)/

 

湯船1

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

 

 

 

2019年2月27日(水)

腹痛☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

受験シーズンで緊張感を抱える受験生に限らず、商談や面接など大事な場面に、腹痛や下痢を起こす過敏性腸症候群に悩む人は多いです。

原因はストレスで、予防法や治療法、とっさの対処法を知っておくといいですね。

 

 

ストレスがかかるとおなかが痛くなり、トイレに行きたくなる・・・。

 

腹痛1

 

過敏性腸症候群は、内視鏡などで調べても腸に炎症や潰瘍といった異常が見られないのに、腹痛を伴う便通異常を起こす慢性の病気で、2008年の調査によると、国内の推定患者数は約1200万人に達するとのことです(>_<)

 

 

症状別に見ると、下痢型が29%、便秘型が24%、両方起こる混合型が47%、男性は下痢型が、女性は便秘型が多い傾向にあります。

 

 

腹痛が起こるきっかけは、消化管の運動は自律神経でコントロールされているため、ストレスが原因で自律神経が乱れると、便通に異常が起こり、下痢や便秘になるそう( ゚Д゚)

自律神経の乱れが原因なので、単に薬だけで治る病気というわけではなく、日ごろからストレスをためないように注意し、自律神経のバランスを整える生活を心がけることが必要です。

 

自律神経を安定させるには、規則正しい生活が基本。毎日同じ時間に起き、同じ時間に食事を取り、同じ時間にベッドに入るようにこころがけたいです(^O^)/

 

 

定期的に体を動かす習慣を持つのも大切で、体を動かす機会の少ない現代人にとって、運動は一番のストレス解消法です!

体温が上がり、汗をかくことで自律神経のバランスが整い、半身浴やサウナで汗をかくのもおすすめです(^^♪

 

 

さらに食事で食物繊維を積極的にとるのがよく、特に、大麦などに含まれる水溶性食物繊維は有効で、腸内で水分を吸収して下痢を防くほか、便を軟らかくするので便秘も改善します。

下痢型の人は牛乳やアルコール、香辛料といった刺激物は控えたほうがよいです。

 

 

過敏性腸症候群に悩む人は、神経質で完全主義な傾向が見られます。

良い成果を出そうとするあまり、必要以上のストレスを感じやすくなりがちです。

常に100点を目指すのではなく、75点でいいと考えて取り組むようにすると、肩の荷がおりて楽になるかもしれないですね(^O^)

 

 

受験や試合、人前での発表など強いストレスがかかる場面は、最も症状が起こりやすくなるので、緊張をやわらげるために、時間的余裕を持って行動しましょう。

時間に追われると、ストレスが一層強くなります。

 

時計1

 

気持ちと時間にゆとりを持つことが大切ですね(^_-)-☆

 

 

 

本日は12:30まで診察致しております。

午前は9:00~11:00、午後は15:00~17:00が比較的空いていますm(__)m

 

 

水曜、土曜、祝日午後は、完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までに、ご予約お願いします。

 

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月26日(火)

骨粗しょう症☆

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

転んで、骨折して、そのまま寝たきり…なんてことは、誰しも避けたいものです(>_<)

 

骨折1

 

そこで気になるのが骨粗しょう症です。

 

 

実は、骨粗しょう症による骨折リスクは、飲酒と関わりがあり、また、お酒で顔が赤くなる人は、骨折リスクが高いといいます。

 

寝たきりにつながるリスク要因として、近年大きな問題となっている「骨折」。

そしてシニアの骨折と深く関わっているのが「骨粗しょう症」です。

 

 

いわゆるお酒を飲むと顔が赤くなる人(全くお酒が飲めない下戸の人も含む)は、骨粗しょう症による大腿骨近位部骨折のリスクが高くなることが明らかになっているそう( ゚Д゚)

 

 

お酒に強い人に比べて、骨折リスクは2.5倍にもなるというから恐ろしいですよね(>_<)

 

お酒1

 

この研究は、普段ほとんどあるいは全くお酒を飲まない人を対象にしたもので、お酒で顔が赤くなる人は、お酒を飲まなくてもリスクが高く、さらに、お酒を飲めばそのリスクはさらに上がります。

また、お酒に強く、顔が赤くならない人でも、大量飲酒の習慣がある人はやはりリスクが高まるそう。

 

 

まずは、適量飲酒(純アルコール換算で1日20g:1単位)に抑えることです。

お酒の飲み過ぎは、骨粗しょう症に限らず、健康面でさまざまな悪影響を及ぼすことはご存じですよね。

そうした観点からも、飲むなら適量を意識することを第一に考えたいです(^O^)/

 

 

純アルコール換算で20gとは、日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本、ワインならグラス2杯程度で、実際のところ、飲める人(顔が赤くならない人)なら、飲み始めるとなかなか1合で終わりというわけにはいかないことが多いですが、そんなときも3合未満に収め、顔が赤くなる人なら、よりお酒を抑えたほうがいいです。

 

 

アルコールには、利尿作用があることも広く知られていて、これも悪い影響があるといいます。

尿と一緒にカルシウムを体外へ排出してしまうので、そういった面からも、酒量は抑えたほうがよさそうです。

 

 

アルコールの他、コーヒー、紅茶など利尿作用のある飲み物は同じ作用があります。

飲み過ぎないよう、こちらもほどほどがよいですね(^O^)

 

 

また、適度な運動も骨の健康維持に欠かせません。

1つ前のバス停で降りて歩く、エレベーターより階段を使うなど、日常生活で継続して行える運動を実践しましょう(*´▽`*)

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

2019年2月25日(月)

ひざ関節の日

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

2月25日は、2=“ニー(Knee:ひざ)”、25=“にっこり”とかけて、『ひざ関節の日』です。

 

健康な歩みを支える「ひざ関節」を元気にすることは、自立した生活には不可欠だと考え、キューサイが2016年に記念日として登録しました。

 

30代~60代の男女に調査をしたところ、「ひざなどの関節に不調を感じたことがある」人は、その約4割に及びました。またその方々に「いつ頃から不調を感じるようになったか」とたずねたところ40代までに不調を感じている人が、67.6%となりました。

 

膝

 

 

また、30代までに不調を意識している人も40.7%存在し、多数が若い頃から不調を感じていることが分かりました。

 

骨や筋肉量のピークはおよそ20代~30代だといわれています。 丈夫な足腰を保つためには早めの対策が必要といえます。

 

加齢による膝の痛みは、筋肉の衰えが原因の一つになっていることから、まずは膝周辺の筋力を保持する、または強くすることが大切だといわれています。

 

膝への負担を減らすために、ウォーキングやジョギング、水泳・水中ウォーキング、エアロバイク、体操、筋力トレーニングなど、無理なく継続的に続けられる程度の運動がよいでしょう。

 

ただし、症状によって適切な運動が異なるので、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。

 

また、布団ではなくベッドにする、洋式のトイレを使用する、重いものを持ち上げない、正座を避けるなど、日常生活で膝に負担をかけないよう心がけましょう。

 

厚生労働省によると、介護が必要となる主な原因の1/4は「運動器の故障」といわれています。

 

運動器は、骨・関節・筋肉・神経で構成されており、どれか一つが悪くなると、体を上手に動かすことができなくなります。

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)にならないためにも、ひざなどの関節の不調をそのままにせず、対策をとることが大切といえるでしょう。

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9~11時、午後は15時~17時の

時間帯が比較的空いています。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

2019年2月23日(土)

寝つき☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

先日「睡眠の質」についてお話しましたが、今回は寝つきについてです。

 

 

寝つきが悪い、枕が変わると眠れない、そんなことありますよね(>_<)

 

寝床に入ってから寝つくまでに1時間も2時間もかかる、枕が変わるなどのちょっとした環境変化があると眠れない……。そうなると、苦しい夜を過ごすことになります。

 

寝つき1

 

それに対して、寝つきがよい、どこでも眠れるは、健康的な眠りの証拠に見えるかもしれません。

でも本当でしょうか?

 

 

実は、睡眠時間が十分に満ち足りている人が、消灯してから寝つくまでに15分程度かかるのは、ざらにあることです(^O^)

夜になって、眠りに入る体内環境がしっかり整ってから、眠気は緩やかに訪れます。

寝床に入る時刻が早すぎると寝つくのに時間がかかり、逆に夜更かしをしたり、睡眠不足をため込んでいたりすると、寝つきは非常に良くなります。

日によって疲れ方も違うし、前夜の睡眠時間の長短などによって、寝つくまでの時間も日々変動するのが普通です。

 

 

毎日、寝床に入るとあっという間に寝てしまう・・・そのような人は、慢性的な睡眠不足を抱えている可能性があります(>_<)

特に、仕事が早く終わった夜、普段よりも早く寝床に入ったときにも寝つきが良い場合は要注意です( ゚Д゚)

 

 

睡眠は後ろにずらす(夜更かしをする)ことは簡単にできても、前にずらす(早寝をする)のは難しいという特徴があるからです。

普段よりも早い時刻に就寝しても寝つきが良いのは、睡眠不足の兆候だそうです。

 

 

さらに、昼間に「どこでも眠れる」という場合は、体に赤信号がともっている証拠です。

 

 

 

最近では、徹夜もしていないのに強い眠気がある人もいて、実際、数分で寝つくほどで、何かの病気を疑ったりしますが、病気が見つからない人も、いろいろと検査をすると、多くの場合、強い眠気の原因は「睡眠不足」です。

 

比較的若い年代に多く、自分では「6時間程度眠っているから大丈夫だろう」と考えていても、体が必要とする睡眠時間はもっと長いため、睡眠不足が徐々に蓄積して日中の眠気につながっているのです。

 

このような人に共通して見られる特徴が、寝床に入ればバタンキュー、いつでもどこでも眠れる、です。

これは健康的な眠りのサインではなく、体の悲鳴で、実際よく調べると認知機能(パフォーマンス)が低下していたり、ストレスホルモン濃度が高かったりと、心身に負担がかかっていることも明らかになっています。

 

 

 

会議が始まるとすぐに眠気が出る、電車の中で座ると寝落ちしてしまう、夕食後にソファで横になると居眠りしてしまう……。思い当たる方は、ご自分の睡眠習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

居眠り2

 

 

 本日は12:30まで診察致しております。

 

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までにご予約お願い致します。

 

本日は15:00~夕方まで、18:00~と、比較的予約が取りやすくなっておりますm(__)m

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>