スタッフブログ

2019年11月14日(木)

意外と多いあごトラブルの原因は”あごこり”☆

 

 

 

おはようございます。

菊名整骨院 鍼灸院は、新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります。

鍼治療、交通事故治療、整体も行っております。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

今日は、日中は気温が高めで、夕方から北風が吹き寒くなるそうです(゚д゚)!

1日の寒暖差に気をつけたいですね(*^-^*)

 

 

食べる、しゃべる、笑う・・・。

生きるために欠かせないこれらの動作のため、私たちは毎日2000回以上「あご」を動かしているそうです。

 

実は、そんなあごに悩みを持っている人が意外に多いのです(>_<)

 

 

「あごの関節が痛い」「口が開きにくい」「音がして不快」「笑顔が作れない」といったあごのトラブルを抱える人の数は、全国で1900万人に及ぶといいます。

 

あご2

 

 

中には症状が悪化し、うつになったり、食欲不振で拒食状態になる人までいることが分かりました。

 

 

なぜ、多くの人があごに不調を訴えるのか、これまでは主に食習慣の変化などからくる、噛み合わせの不具合だと考えられてきましたが、あごの不調の真の原因は、肩こりや腰痛と同じ、筋肉の過緊張状態=“あごこり”にあるのだそう(~_~;)

 

 

 

口が開きにくい、口を開けるときに痛む、あごの関節から音がする・・・(~_~;)

 

全国1900万人以上が悩んでいると推定される、あごのトラブル顎関節症(がくかんせつしょう)正体は、あごの筋肉の「こり」だった!?

 

あごには、下あごの骨を上下に動かすための様々な筋肉が備わっています。

 

それらの筋肉が、パソコンやスマホに代表される集中作業やストレスによる「かみしめ癖」によって、徐々に凝り固まることで、口が開きにくくなったり、筋肉に痛みを生じたりするのです。

 

さらに、筋肉の異常な動きは、関節の間にあるクッション(関節円板)のズレまで引き起こし、関節自体にも痛みや音を生じさせるといいます

 

 

 

簡単セルフケアでも症状を大幅に改善でき、ケアのポイントは、あごの筋肉をほぐすためのストレッチとマッサージです。

 

マッサージ2

 

 

上を向いて、大きく口をあけるだけでも、ストレッチになり、

また、あごの付け根を軽く押すのもマッサージになります(^O^)/

 

 

マッサージ1

 

 

 

テレビを観ながらでも出来るので、ぜひ(*^-^*)

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

菊名整骨院の提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。

ベテラン柔道整復師とベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で、多くの症状に対応できます。

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります(^O^)/

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

ケガや辛い症状でお悩みの方はぜひ⇒https://tsunashimagenki.com