スタッフブログ

2019年11月12日(火)

昼食後の強烈な睡魔との戦い解消法☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

お昼ごはんを食べた後って眠気に襲われやすく、睡魔と必死に戦っている人も多いのではないでしょうか?

 

眠気1

 

食後だから仕方ないと諦めているかもしれませんが、眠気の原因がわかれば対策出来る場合もありますよね(^O^)/

 

 

昼食後に眠くなる原因は大きく2つあります。

 

 

・食べ過ぎによる眠気

 

 

食べ過ぎると、食べ物を消化するため胃に大きな負担がかかります。

そのため体は胃に大量の血液を送りますが、その結果脳への血液の循環が悪くなってしまいます。

脳へ送る血液の量が減ると、脳全体の活動量が低下してしまい、眠気の原因となるわけです。腹八分目を心がけ、よく噛んで、ゆっくり食べるのがよいです(^O^)/

 

 

・血糖値の変化による眠気

 

 

食後は炭水化物や糖質の吸収により、血糖値が上昇します。

血糖値が上がると、糖を体に取り込む働きをするインスリンというホルモンが膵臓から分泌されて、血糖値が下がっていきます。

 

このインスリンを分泌する膵臓(すいぞう)が疲労している場合、インスリンの分泌量のコントロールがきかず過剰分泌になり、血糖値が下がりすぎて低血糖になってしまいます。

 

低血糖になると脳の栄養分であるブドウ糖が少なくなってしまい、脳の活動も鈍くなってしまうので、この低血糖の状態が、昼食後の眠気を引き起す原因になるそうです。

 

この場合、インスリンが過剰分泌されないよう、血糖値が急激に上がらない食事を行えば良いので、次のような眠気覚まし対策ができます。

 

 

  • ラーメンとライスやカレーライスなど、炭水化物に偏った食事は避ける。
  • 食べる順番として、食物繊維を含む野菜から食べる。
  • 糖分の多い清涼飲料水やスナック菓子、甘いデザートは避ける。

 

 

寝不足でどうしても眠い時は、短時間の昼寝は、かなり効果的です。

 

眠気3

 

15分だけ眠るだけでも午後の眠気はかなり吹き飛びますので、眠れる場所を確保して少しでも寝ておきましょう。

 

スッキリ1

 

 

ご飯を食べる場合でも、必ずサラダなど野菜から食べるように注意すると血糖値は上がりにくくなるのでオススメです。

 

 

 

 本日は20:00まで診察致しております。 

 

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

 

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

 

 

菊名整骨院の提携院が横浜市港北区の綱島に新規オープンいたしました。

健康保険・交通事故保険・労災保険取り扱いしています。

ベテラン柔道整復師と、ベテラン鍼灸マッサージ師による治療体制で、多くの症状に対応できます。

 

東急東横線綱島駅から徒歩4分、買い物にも便利な商店街地域にあります(^O^)/

ケガや辛い症状でお悩みの方はぜひ⇒https://tsunashimagenki.com