診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
2019 11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
弁護士法人エース

サイトマップ

スタッフブログ

2019年11月8日(金)

絶対にしてはいけない、歯ブラシの保管方法とは?

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、

予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、

当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

本日11月8日は、“いい歯の日”です。

「いい(11)は(8)」の語呂合わせから、日本歯科医師会が制定しました。

 

良い歯にするために必要な歯ブラシですが、皆さんは普段使う歯ブラシを、どうやって保管していますか?

保管方法によっては、健康に悪影響を与える可能性がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

歯ブラシ

 

1、トイレの近くに置いている

口に入れて磨く歯ブラシを、トレイやお風呂など菌が多く検出されるような場所に置いておくことは、非常に危険です。

できるだけ、離れた場所に置きましょう。

 

 

2、歯ブラシスタンドの掃除をしていない

トイレやお風呂を普段からよく掃除する人も、歯ブラシスタンドやホルダーを毎日磨く人は、意外と少ないです。

細菌が繁殖しやすいのは同じですので、毎日歯ブラシスタンドを掃除しましょう。

 

歯磨き

 

3、キャップをつけている

歯ブラシが濡れたままの状態でキャップをつけていると、中で細菌が繁殖してしまいます。

風通しの良い所で、乾燥するようにしましょう。

 

 

4、複数の歯ブラシをひとつのコップに入れている

歯ブラシをコップに立てて、家族一緒にまとめているのをよく見かけますが、これもNGです。

毛先が触れ合うのは、同じ歯ブラシを共有しているのと同じです。

別々にしましょう。

 

 

5、歯ブラシを滅多に取り替えない

歯ブラシ自体に、細菌はどうしても繁殖してしまいます。

最低でも3,4ヶ月に1度、また体調が悪いときなど、体の抵抗が弱まっているときは、新しい歯ブラシを使ったほうが良いです。

 

歯磨き2

 

ぜひ気を付けてみて、“いい歯”になるように心がけましょう!

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9~11時、午後は15時~17時の

時間帯が比較的空いています。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

膝や股関節、手首や肩など体の痛みで困っている方にお勧めです。

大倉山整骨院

https://ookurayamaseikotsuin.com/