スタッフブログ

2019年10月3日(木)

簡単ストレス解消法!イラっとしたら、まずは深呼吸☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

普段私たちが何気なくしている呼吸ですが、現代人はこの何気ない呼吸が浅くなっている傾向にあると言われています。

 

深呼吸とは読んで字のごとく、ゆっくりとした深い呼吸を意味し、ゆったりとしたリラックスした気分になります。

 

深呼吸2

 

これは自律神経の働きで、自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを取っており、交感神経が優位に立っているときは、緊張やストレスを感じます。

しかし、深呼吸すると副交感神経の方が優位に立つため、緊張がほぐれ、リラックスした状態になります。

 

 

深呼吸をすると、通常の呼吸よりも多くの酸素が取り込まれるので、せっかく取り入れた酸素を身体の隅々にまで送り届けるために、使われずに働かなくなっていた毛細血管が働きを取り戻します。

 

毛細血管が再生して身体の隅々まで酸素が行き渡ると、手足の末端部分まで血液が流れるようになり、その結果、カラダ全身の血流が良くなり、冷え性や肩こり、むくみの解消などの効果が期待できます。

 

 

深呼吸は、肺の中に入っている空気をゆっくりと全部吐き出し、吸うときは肺とお腹の全体を使って吸うようにすると、横隔膜が大きく動き、内臓を刺激します。

横隔膜によって刺激された内臓は動きが活発になります。

 

大腸の横行結腸はみぞおちの辺りを通っているため、横隔膜に刺激されると蠕動運動が活発になり、その結果、滞っていた便が動きだし、便秘の解消につながります。

 

 

呼吸は、自分の意思で自律神経のバランスを調整できる貴重な方法です。

気分が乗らず、イライラしたり不快感を覚えたりするとき、あるいはストレスを感じるときは、緊張状態で浅い呼吸になりやすいので、まずは深呼吸してみましょう(^O^)/

 

深呼吸1

 

 

深呼吸が難しい人は、ため息から始めてみるのもいいかもしれませんね♪

 

 

 

 

 本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

技術提携院の大倉山整骨院では、首の治療を得意とし、頸椎(背骨の首の部分)の動きを一つ一つ確認し、動きの悪い部分にアプローチをして首の痛みを取っています。

些細な痛みでも、やさしいスタッフが相談にのってくれますよ(^O^)

寝違え、つらい首の痛みに ⇒ https://ookurayamaseikotsuin.com/