スタッフブログ

2019年10月5日(土)

美容と健康にいいごぼう茶☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。
保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。
よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

今日は、10月だというのに30度越えの暑さになる予報で、運動会開催のところも多いので、熱中症対策、体調管理に注意が必要です(>_<)

 

朝晩は過ごしやすくなって、1日の気温の変化が大きく、風邪をひいたり、体調を崩しがちですので、注意したいですね(*^-^*)

 

 

 

ごぼう茶を知っていますか。健康や美容に良いとされ、テレビなどでもよく紹介されているごぼうのお茶ですが、みなさん名前ぐらいは聞いたことがあるという方が、多いのではないでしょうか。

 

ごぼう茶1

 

名前はよく聞くけれども、その効果については良く知らないという方も多く見られます。

身体に良いという漠然としたイメージがあるだけで飲んだことがない方もいるでしょう。

 

 

 

ごぼうというと食物繊維を思い浮かべますが、そのイメージ通り、お茶の原料であるごぼうの食物繊維の含有量はとても多く、腸内環境を整えてくれて、便秘や肌荒れなどの予防・改善に役立ちます(^O^)/

また、オリゴ糖も豊富に含まれているため、善玉菌が優勢の美腸にしてくれるといったことも期待できます。

 

 

このように、ごぼう茶には体の中から美しく健康にしてくれる成分がたくさん含まれている、健康効果ごぼう茶にはサポニンという成分も含まれています。

 

サポニンにはコレステロールを分解するという効能が認められていて、腸内の脂分や悪玉コレステロールを分解してくれる作用があり、そしてこれらの作用が、ダイエットにも効果があるのです。

このサポニンは主にごぼうの皮に多く含まれているので、皮をこそぎ取ったりせずにそのまま食べるのが効果的なので、ごぼう茶を作るときも必ず皮も利用するのがベストな方法です。

 

 

たくさんの有効成分を効率よく摂取するには、皮ごと使っているごぼう茶を飲むというのが有効的です。

 

 

簡単なごぼう茶の作り方は、ごぼうは皮をむかずに泥をキレイに落としささがきにし、水分が抜けるまで天日干します。

天気や季節にもよりますが、半日~1日程度で大丈夫でしょう。

そのあと、フライパンでパリパリのなるまで乾煎りして完成です。

急須にごぼう茶のもとを入れて、お湯を注ぐだけで飲めます。

 

 

また、お茶として飲むだけではなく、出がらしを食材としても活用することができます。

 

 

まだまだ旨みや栄養が残っていますから、炊き込みご飯に入れたり、軽く炒めて好みの味付けをしてサラダに乗せたり、刻んでハンバーグなどに入れたりと色々な場面で活用できます。

 

 

健康効果の高い納豆に刻んで入れるのも、相乗効果が期待できますから試してみたいですね(*^-^*)

 

ごぼう茶3

 

 

 

本日は12:30まで診察致しております。

午前は9:00~11:00、午後は15:00~17:00が比較的空いていますm(__)m

 

 

水曜、土曜、祝日午後は、完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までに、ご予約お願いします。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

技術提携院の大倉山整骨院では、首の治療を得意とし、頸椎(背骨の首の部分)の動きを一つ一つ確認し、動きの悪い部分にアプローチをして首の痛みを取っています。

些細な痛みでも、やさしいスタッフが相談にのってくれますよ(^O^)

寝違え、首の痛みに ⇒ https://ookurayamaseikotsuin.com/