スタッフブログ

2019年9月7日(土)

今が旬のナスの栄養効果!

 

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

 

 

☆夏季休暇のお知らせ☆     

9/9(月)・9/16(月)・9/17(火)

夏季休暇の為、休診とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

ナスは、キュウリやトマトと並ぶ、夏を代表する野菜です。

 

旬は6月から9月とされていますが、一番おいしい時期は、肌寒さを感じるようになる、秋の時期なんです。

 

身が引き締まり、食感がよく味もしっかりと凝縮されています。

 

ナスの美味しさを象徴する、「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざもありますよね!

 

これには、おいしいナスを独り占めしたい夫の言葉である、という説もあるそうです。

 

ナス

 

美味しいナスの選びの基本は、鮮度にこだわることです。

 

へたの切り口にみずみずしさが残っており、棘が立っていると、 採ってから日が経っていないことが分かります。

 

皮にハリとツヤがあると、 流通の過程で水分が飛んでいない証拠です。

 

また、表面に傷があると、傷口から水分が飛んだり、傷みやすくなります。

 

ナス2

 

ナスに含まれる水分は、実に全体の約94%です。

 

ビタミンやミネラルが豊富な野菜だとは言い難いですが、ナスの皮には、特有のポリフェノール「ナスニン」、が豊富に含まれています。

 

ナスニンには強い抗酸化力があり、注目されている栄養成分です。

 

また、ナスニンはアントシアニン系色素のポリフェノールであるため、眼精疲労の緩和にも効果があるとされています。

 

ナスの栄養面でのメリットは、皮に含まれるナスニンですので、極力、皮を残して調理したいものです。

 

また、カリウムが豊富に含まれていることも、ナスの特徴です。

カリウムには、体の熱を逃がす働きがあるため、夏バテ解消のために食されることもあります。

 

一方、妊婦さんなど、体を冷やしてはならない人は、多量のナスを食べることを控えた方がよいでしょう。

 

体の熱を逃がす作用を持つカリウムは、加熱をすることでその働きが弱くなる特性があります。

 

ですので、夏の時期などに体を冷やしたいときには、漬物やサラダなどの火を通さない料理や、加熱を控えめにしましょう。

 

逆に体を冷やしたくないときには、十分に火を通した焼きナス、天ぷら、炒め物などにすると良いです。

 

ナス3

 

 

また、ナスの栄養価は高くないですが、それを逆手にとる方法もあります。

 

体積が大きく、カロリーの低いナスは、ダイエット食としても優れていますので、積極的にナスを取り入れることで、満腹感を得られつつ、カロリーの摂取を抑えることが出来ますので、おススメです。

 

         

本日は12:30まで診察致しております。

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までにご予約お願い致します。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

技術提携院の、浜銀通り整骨院 浜銀通り鍼灸院も、

安心して受けていただける鍼灸治療をいたしております。

https://hamagindoori.com/