スタッフブログ

2019年8月3日(土)

栄養たっぷりのはちみつで元気に!

 

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

☆夏季休暇のお知らせ☆

       

8/12(月)・8/13(火)

9/9(月)・9/16(月)・9/17(火)

は、夏季休暇の為、休診とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

今日は、はちみつの日です。

1985年に、全日本はちみつ協同組合と、日本養蜂はちみつ協会が制定しました。

「8(ハチ)3(ミツ)」で8月3日ですので、語呂合わせです。

 

甘味料として主に使われるのは砂糖ですが、実ははちみつは、砂糖よりも色々な意味で優れているのです。

 

はちみつ

 

砂糖の主成分であるショ糖は、ブドウ糖と果糖に分解されますが、はちみつの主成分であるブドウ糖と果糖は、これ以上分解されることのない単糖類なので、体に入ると砂糖よりも素早く体に吸収されます。

 

そのため胃腸への負担が少なく、非常に効率のよいエネルギー源となるのです。

 

はちみつには他にも有機酸、酵素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノール類といった栄養が多分に含まれています。

 

ですが、その割に砂糖よりもはちみつの方がカロリーは低い、という特徴があります。

 

上白糖100gあたり384kcalなのに対し、はちみつは294kcalとなっています。

 

また、はちみつの方が砂糖よりも甘味を感じやすいので、同じ甘さを出すのに少ない量で済むというメリットもあります。

 

そんなスグレモノのはちみつですが、実は40℃以上に加熱するとビタミン類が壊れてしまう、という弱点もあるのです…。

 

そういうわけで、はちみつは過熱をせずに、そのままの状態で食べる、というのが一番オススメです。

 

はちみつ2

 

スーパーなどで売られている安いはちみつは、実はすでに加熱処理されていることがあります。

 

できれば、専門店などで購入するほうが安心ですね。

 

さらに、はちみつに含まれる果糖には、肝臓内のアルコール分解を助け、血中のアルコール濃度を下げるという働きがあります。

 

肝臓を強化する作用もあるため、意外にも二日酔いの防止や解消に効くのです。

 

さまざまな効能が期待できるはちみつを、積極的に取り入れましょう!

 

 

本日は12:30まで診察致しております。

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までにご予約お願い致します。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

ベビーカーでそのまま入れて、小さなお子様連れでも安心な

妙蓮寺整骨院もよろしくお願いします。

https://myorenjiseikotsuin.com/