スタッフブログ

2019年8月22日(木)

目、首、肩の痛みは、もしかしたらスマホ?パソコン?☆

 

 

おはようございます。

菊名整骨院 鍼灸院は、新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩5分の所にあります。

鍼治療、交通事故治療、整体も行っております。

 

 

 

☆夏季休暇のお知らせ☆

 

9/9(月)・9/16(月)・9/17(火)は、夏季休暇の為、

休診とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

仕事でもプライベートでも、パソコンやスマートフォンを長時間、続けて使用する人が増えていますよね。

 

 

その結果、問題になってきたのが「スマホ肩」「パソコン老眼」なのです(>_<)

 

 

厚生労働省が策定した、VDT作業における労働衛生管理のためのガイドラインによると、「パソコン、携帯端末などの連続使用時間は1時間以内」と定められていますが、実際には、2~3時間以上連続して使用することも多いですよね(-_-;)

 

 

 

パソコンやスマホを操作する時は、腕が固定された状態で画面を凝視するために、首が前に突き出て、背中が丸くなってしまいます。

この姿勢を続けると、重い頭を無理な姿勢で支えるために、首の筋肉に負担がかかり、肩コリや首コリに。

これが「スマホ肩」です(>_<)

 

スマホ肩1

 

また、パソコンやスマホを見続けることで、目も1日中休まる暇がなく、その結果、目の周りの筋肉が硬くなってピント調整力が低下、小さな字が見づらくなったり、夕方になると物が見づらくなったりと、老眼のような症状になるのが「パソコン老眼」です(>_<)

 

パソコン老眼1

 

イスに座った姿を横から鏡に映してみましょう。

首だけが前に突き出たり、背中がCの字のように丸まっていませんか?

猫背に似たこんな姿勢が続くと「スマホ肩」になり、肩こりや首こりを引き起こします。

 

 

パソコンに向かう時はイスに深く腰掛け、なるべく背すじをまっすぐ伸ばしましょう。

目線が下を向き過ぎないように、画面の角度や高さを調節することも大切です。

 

スマホを見る時は、背すじを伸ばし、できるだけ顔の高さにまで上げ、あごを引きましょう。

また、足を組むと自然と背中が丸くなるので、足を組むのもやめたいものですね。

 

いくら姿勢に気を付けても、作業をしている間に姿勢は崩れてしまうものですし、長時間同じ姿勢を続けること自体、肩や首、腰などに負担をかけてしまいます。

1時間に1回は休憩を取って、立ち上がったり、肩を回したりしましょう。

 

ストレッチ

 

 

集中して物を見続けていると、無意識のうちに肩に力が入ることも、「スマホ肩」の原因に。

 

肩を思いきり上げてからストンと落とすと、固まった筋肉がほぐれます。

 

 

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

 

 

技術提携院の妙蓮寺整骨院は、妙蓮寺駅から徒歩5分。土曜、祝日も夜19時半まで受付しています。

忙しい方、部活帰りの学生さんに⇒https://myorenjiseikotsuin.com/