スタッフブログ

2019年8月14日(水)

水泳による7つの健康効果!

 

 

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

☆夏季休暇のお知らせ☆

       

9/9(月)・9/16(月)・9/17(火)

は、夏季休暇の為、休診とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

暑い夏は、プールや海などでの水遊びが定番ですが、一方で水の事故などが多い時期でもあります。

水難事故の防止や水泳を普及させるために定められたのが「水泳の日」です。

日本水泳連盟が制定しました。

 

水泳

 

水泳は、水に浮かんだ状態で全身を動かすことで、日常生活では得られない効果があります。

その中でも水泳には、次の7つのような、健康にいいとされる効果があります。

 

1.肩こりの改善

水泳では、泳ぐ際に肩の周囲の筋肉を動かすことで血行が良くなり、肩こりが改善されます。

 

特に、おすすめなのがクロールや背泳ぎです。「肩こり筋」と呼ばれる僧帽筋を無理せず動かすことができます。

 

その際、肩や首が冷えると血行が悪くなって、逆に肩こりが悪化する可能性があるので、水温が低いプールは避け、体を冷やさないよう温水プールで泳ぐようにしましょう。

 

2.心肺機能の強化

泳いでいる際、限られたタイミングで息継ぎしなければならないため、水中で勢いよく息を吐いたり、水面ギリギリで大きく吸ったりと、意識的に呼吸を行うことで、心肺機能の向上につながります。

 

心肺機能が強くなると、体内に酸素を効率的に取り入れることができるようになるので、階段の上り下りで息切れしたり、少し走っただけで息が上がるという悩みが解消されます。

 

3.むくみの解消

私たちは普段、大気圧と呼ばれる空気の圧力を受けて生活をしていますが、水中では水の圧力によって、地表よりも大きな圧力がかかります。

 

そのため、プールの中に立っているだけで、水圧がかかり、心臓に血液が押し戻される働きが楽に行われ、足のむくみも解消されます。

 

4.体脂肪の燃焼

水泳は有酸素運動と呼ばれる運動で、体に軽~中程度の負荷をかけながら継続的に体を動かすことにより、体内に大量の酸素が取り込まれて、脂肪の分解や燃焼に効果があります。

 

体脂肪を燃焼させたいからといって、ただ一生懸命泳げばいいというわけではなく、無理をせずじっくりと時間をかけて泳ぐことで、燃焼効率アップします。

 

水泳2

 

5.血圧の改善

高血圧の原因には、塩分の摂りすぎや喫煙のほかに、身体活動量の不足があります。

 

そのため、高血圧の改善には、食事療法や薬物療法に加えて、水泳のような中等度の有酸素運動による運動が効果的です。

 

ただし、急激な運動は体に大きな負担を与えることから、高血圧の方は必ず専門医によるメディカルチェックを受け、運動療法の可否を確認の上、無理のない範囲ではじめましょう。

 

6.よく眠れる

「ぐっすり眠れない」「寝つきが悪い」「早く目が覚める」などの眠りに関する悩みの中には、運動不足を解消することによって改善されるケースがあります。

 

特に、有酸素運動を行うことで適度な疲労感が得られるほか、不眠の原因となる自律神経のバランスが整えられて、よく眠れるようになります。

 

7.ストレスの軽減

水の中で無心になって泳ぐことによって、日常の煩わしさから解放されるだけでなく、体を動かすことで気分転換やストレスの解消につながります。

 

さらに、有酸素運動には、心と体をリラックスさせて、ネガティブな気持ちを発散する効果があるため、ストレスが軽減されるのです。

 

水泳は、しっかりと取り組むことによって効果が得られる一方で、無理をしすぎると肩や腰、膝などを傷めてしまうことから、できるだけ負担をかけないように、自分の体と相談しながらすすめて行く事をお勧めします。

 

本日は12:30まで診察致しております。

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までにご予約お願い致します。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>

 

お盆も休まず診療しております

つなしま はりマッサージ もよろしくお願いします。

https://pro-hand.jp/