診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院 菊名鍼灸院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2019 3月
« 2月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

サイトマップ

スタッフブログ

2019年3月8日(金)

さやえんどうの日

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

今日3月8日は、さやえんどうの日です。

 

さやえんどうの名産地である和歌山県では、3月にハウス栽培の出荷最盛期を迎えることから、「さ(3)」「や(8)」の語呂合わせにちなみ、和歌山県の農協が制定しました。

 

名前の通り「えんどう豆」の一種ですが、そこにはちょっとした、成長物語があります。

 

さやえんどう

 

 

ぶりのように成長するにつれ名前が変わる魚を、出世魚といいますが、「えんどう豆」も完熟に至るまでの成長過程で、カタチも名前もいろいろに変えながら、食卓にのぼっているのをご存知でしょうか?

 

・絹さやえんどう

えんどう豆のできたての若い実です。

さやを食べることが本来の目的で、さやの中の豆が成長する前に若採りします。豆がほとんどできていない薄っぺらいものが「上質」とされています。

 

・スナップえんどう

こちらもさやごと食べる「さやえんどう」の一種です。

グリーンピースの品種改良によって誕生したもので、絹さやとは違い、豆もしっかり成長しています。

 

・グリーンピース

別名「実えんどう」とも呼ばれ、若い実である「絹さや」から豆をもっと成長させたものです。

さやは食べず、柔らかい豆を食べることが目的で、豆がふくらんだばかりの未完熟な青豆です。

 

・えんどう豆(完熟)

完熟した豆は乾燥した状態で売られているのがほとんどで、水で戻し、煮て調理します。

加工品の代表的なものは、あんみつに入っている黒っぽい「みつ豆」や「甘納豆」などがあります。

 

・豆苗

「えんどう豆」の実ではなく、若い葉と茎を食べる緑黄色野菜です。

実はなくても、風味はやはりさやえんどうと似ています。

さやえんどうは、長く空気に触れているとしおれてしまうので、購入後はなるべく早く調理するのがおすすめです。

保存する場合は、湿らせたペーパータオルなどで包んでから、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ入れると良いでしょう。

冷凍する場合は、固めにゆでてから冷凍すると良いそうです。

 

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

 

午前は9~11時、午後は15時~17時の

時間帯が比較的空いています。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

 

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>