スタッフブログ

2019年3月23日(土)

お灸☆

 

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

最近、若い女性の間でひそかな人気となっているのが、お灸。

 

かつては「お灸=お年寄りがするもの」のイメージがありましたが、1人でも簡単にできるうえに、煙の出ないタイプ、アロマの香りがするタイプなど、さまざまな種類のお灸が発売されていることから、お灸をする人が増えてきています。

 

当院でもお灸や鍼をされる方が増え、肩こりや、腰痛などに悩まされる方多いですよね(*_*)

 

お灸1

 

お灸は約3000年前に中国で発明され、その後、遣隋使や遣唐使によって日本にもたらされたとされる非常に歴史のある民間療法です。

日本の古典文学にもたびたび登場するなど、その昔から庶民が気軽に利用した治療法でした。 お灸の原料となっているのは「もぐさ」で、ヨモギの葉の裏にある白い綿毛を精製したものです。

ヨモギはヨーロッパでは”ハーブの女王”といわれるほど、さまざまな効果のある薬草で、食物繊維、クロロフィル(葉緑素)、ミネラルが豊富で、浄血、増血作用のほか、止血作用もある万能薬です。

この「もぐさ」に火をつけて、体を温め、ツボを刺激するのがお灸です。

 

 

人の体には365カ所のツボがあり、このツボに「はり(鍼)」や「きゅう(灸)」によって刺激を与えることで、自律神経系や内分泌系に作用し、血液循環を促進します。

 

体に温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激されます。

すると、細胞が活性化され、免疫作用がアップするほか、リンパの流れが改善されますから、むくみの解消にもつながります。

さらに温熱効果によって血管が収縮・拡張し、局所の充血や貧血を調整し、炎症をやわらげる効果もあります。

 

 

人間の体には「経絡(けいらく)」というエネルギーの通路が、全身をくまなくめぐっているとされています。

東洋医学でいうエネルギーとは、人間の生命活動に必要な「気・血・水」のことで、「気・血・水」が不足したり、その流れが滞ると体が不調をきたすと考えられています。

この経絡の上にあって、「気・血・水」が弱ったときに反応がでる箇所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「ツボ」です。

ツボにはそれぞれに作用がありますから、それを刺激することによって、冷え症や肩こり、腰痛、目の疲れ、むくみ、ストレス、不眠などといった体のさまざまな症状の改善が期待できます。

 

 

ストレス社会で、身体の不調を訴える方多いですよね(*_*)

緩和する手段の1つとして、いかがでしょうか(^O^)/

 

 

 

本日は12:30まで診察致しております。

 

午後は完全予約制19:00まで、保険治療のみでもご予約可能です。

当日12:30までにご予約お願い致します。

本日、16:00~夕方までのお時間帯で予約可能ですm(__)m

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>