診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院 菊名鍼灸院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2019 2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

サイトマップ

スタッフブログ

2019年2月26日(火)

骨粗しょう症☆

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

2019年1月より水曜・土曜・祝日の午後は、予約制になります。

保険治療だけでも予約可能ですので、当日の12:30までにご連絡下さい。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

転んで、骨折して、そのまま寝たきり…なんてことは、誰しも避けたいものです(>_<)

 

骨折1

 

そこで気になるのが骨粗しょう症です。

 

 

実は、骨粗しょう症による骨折リスクは、飲酒と関わりがあり、また、お酒で顔が赤くなる人は、骨折リスクが高いといいます。

 

寝たきりにつながるリスク要因として、近年大きな問題となっている「骨折」。

そしてシニアの骨折と深く関わっているのが「骨粗しょう症」です。

 

 

いわゆるお酒を飲むと顔が赤くなる人(全くお酒が飲めない下戸の人も含む)は、骨粗しょう症による大腿骨近位部骨折のリスクが高くなることが明らかになっているそう( ゚Д゚)

 

 

お酒に強い人に比べて、骨折リスクは2.5倍にもなるというから恐ろしいですよね(>_<)

 

お酒1

 

この研究は、普段ほとんどあるいは全くお酒を飲まない人を対象にしたもので、お酒で顔が赤くなる人は、お酒を飲まなくてもリスクが高く、さらに、お酒を飲めばそのリスクはさらに上がります。

また、お酒に強く、顔が赤くならない人でも、大量飲酒の習慣がある人はやはりリスクが高まるそう。

 

 

まずは、適量飲酒(純アルコール換算で1日20g:1単位)に抑えることです。

お酒の飲み過ぎは、骨粗しょう症に限らず、健康面でさまざまな悪影響を及ぼすことはご存じですよね。

そうした観点からも、飲むなら適量を意識することを第一に考えたいです(^O^)/

 

 

純アルコール換算で20gとは、日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本、ワインならグラス2杯程度で、実際のところ、飲める人(顔が赤くならない人)なら、飲み始めるとなかなか1合で終わりというわけにはいかないことが多いですが、そんなときも3合未満に収め、顔が赤くなる人なら、よりお酒を抑えたほうがいいです。

 

 

アルコールには、利尿作用があることも広く知られていて、これも悪い影響があるといいます。

尿と一緒にカルシウムを体外へ排出してしまうので、そういった面からも、酒量は抑えたほうがよさそうです。

 

 

アルコールの他、コーヒー、紅茶など利尿作用のある飲み物は同じ作用があります。

飲み過ぎないよう、こちらもほどほどがよいですね(^O^)

 

 

また、適度な運動も骨の健康維持に欠かせません。

1つ前のバス停で降りて歩く、エレベーターより階段を使うなど、日常生活で継続して行える運動を実践しましょう(*´▽`*)

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>