診療時間

菊名整骨院
菊名鍼灸院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院菊名鍼灸院スタッフブログ
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院 菊名鍼灸院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイトマップ

スタッフブログ

2018年5月5日(土)

こどもの日

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

5月5日は「こどもの日」。

ゴールデンウィークのうちの一日で、国民の祝日としても制定されている日なので、家族みんなが揃ってお子さんの成長をお祝いすることができます。

ところで「こどもの日」の由来や鯉のぼりなどを飾る意味は知っていますか?

鯉のぼり

5月5日は、古来は「端午の節句」という男の子の健全な成長を願う日だったので、今でも男の子が主な対象とされやすいですが、法律で定められた「子どもの日」とは本当は男女どちらの子どもも対象となる日なんですよ♪

5月の青空を泳ぐ鯉のぼりは圧巻ですよね(*’ω’*)

鯉のぼりは「流れの激しい滝を登れた魚は鯉だけで、その鯉は龍になった」という中国の故事が由来となっており、男の子の立身出世を願う意味合いがあるんです。

また、鯉は生命力の強い魚なので、どのような環境でもその子が健康でたくましく育つことを祈願する意味もあるんですよ。

子どもが生まれて初めての節句を「初節句」と言い、女の子は3月3日の「桃の節句」、男の子は端午の節句が初節句にあたります。

日本では、この5月5日に初節句を迎える男の子にむけ、鎧兜や五月人形を贈る風習がありますね。鎧兜は、古来の武士が身に付けていたように自身の身を守るもの。そのため、端午の節句で飾る鎧兜には、子どもが事故に遭ったり病気になったりせずに安全に過ごせるような願いが込められています。

また、五月人形は子どもの人形に鎧兜を着せたものや、桃太郎や金太郎をモチーフにしたものなどがあり、その人形のような人物に成長してほしいという願いから贈られます。

 

また料理は、「ちまき」や「かしわ餅」をよく食べられています。

最近では、鯉のぼりに見立てたケーキやちらし寿司等も人気ですね★

ちらし寿司

ケーキ

鯉のぼりや兜に美味しい料理でみんなでお祝いしましょう(*´▽`*)

 

本日は、18時00分まで診療してます。

些細な痛みでもご来院下さい。

 

<新横浜・菊名整骨院>