スタッフブログ

2019年4月9日(火)

空腹☆

 

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院 鍼灸院です。

 

ゴールデンウィークの診療時間のお知らせ

5/4(土)5/5(日)5/6(月) 休診とさせていただきます。

4/29(月)~5/3(金)までの間、午後の診療は、18時までとなります。

※5/7(火)より通常診療となります。

よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

シリアスな会議中に突然、おなかがグーッと鳴って、恥ずかしい思いをしたり、昼食までまだ1時間もあるのに、おなかがグーグー鳴って困った・・・

そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

 

シーンとした中、今は鳴らないでほしい!とひそかに思ったことが何度もありますよね。

 

空腹12

 

おなかが鳴るのは、とてもいいことだそうです。

 

 

空腹になっておなかが鳴るのは、胃が強く収縮するからで、これは『空腹期収縮』と呼ばれるもので、この収縮が胃で起こると、それを受けて小腸の方でも次々に収縮が起こります。

強く収縮することで、中にあるものを絞り出すように先へ先へと運んでいるわけです。

そして、このような強い蠕動(ぜんどう)運動の結果、胃や小腸の中が空っぽになり、グーと鳴るとき、おなかの中では大掃除が行われているのだそう(^O^)/

 

 

おなかのグーは「ただいま、お掃除中!」のアナウンスのようなもので、次に入って来る食事を受け入れるべく、おなかの中をきれいにしている最中なんですね(^O^)

 

 

では、なぜあんな音が鳴るのでしょうか(・・?

 

“グーッ”“グルグル”“キューッ”など、いろいろなバリエーションがありますね。

 

空腹期収縮が起こると、胃の中にある食べものの残りカスや水分、空気などが激しく撹拌(かくはん)されて、音が生じ、胃のどの部分がどう動くか、中に空気がどのくらいたまっているかなどによって、“音色”は違ってきます。

胃の中の状態によっては、空腹期収縮が起こってもグーという音が聞こえないこともあるそうです。

 

空腹期収縮は、一般に食事をしてから約7時間後に出現するといわれていますが、食事をすると、胃は『食後期収縮』と呼ばれるモゴモゴとした動きを繰り返して、食べものを消化します。

消化が進んで胃が空になると、食後期収縮に連続して、キューッと強い収縮が胃に起こり、収縮の強さはまさに空腹期収縮と同じで、もちろん、おなかもグーと鳴ります。

 

 

例えば、朝食を7時半にとると、昼前の11時半くらいにはもうおなかが鳴って困るということも珍しくないので、食事をした後の消化管の掃除は、もしかしたら従来いわれているよりも早く始まるのではないかと言われています。

 

空腹1

 

 

良いことだとは言え、静かなところでお腹が鳴ってしまうのはちょっと恥ずかしいですよね(*_*)

 

 

 

本日は20:00まで診察致しております。

午前は9時~11時、午後は15時~17時が比較的空いていますm(__)m

 

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

また、交通事故治療、鍼治療、整体などの自費治療もお任せください。

<新横浜 菊名整骨院 鍼灸院>