診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

菊名整骨院スタッフブログ

菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点
エキテン口コミランキング第1位

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
築地法律事務所
武蔵小杉あおば法律事務所
2018 4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

サイトマップ

スタッフブログ

2018年3月29日(木)

菜の花☆

 

 

おはようございます。

 

「新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。」

 

春といえば、菜の花を使った食べ物が目につきます。

 

菜の花1

 

 

最近、スーパーやデパートなど、青果売り場に食用の菜の花が並んでいますよね(⋈◍>◡<◍)

 

 

 

菜の花は独特の苦みがあるため、苦手な方もいるかと思いますが、食用菜の花には、健康と美容維持に効果的な栄養素がぎっしり詰まっています。

 

 

菜の花は100gあたりおよそ33kcalと、とてもヘルシーで、タンパク質が4.4g、脂質0.2g、炭水化物5.8g、食物繊維4.2gとなっています。 また、ビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。

 

 

栄養満点の菜の花ですが、気になるのが健康や美容に関する効果や効能です。

 

 

菜の花には、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンBなどのビタミン類やカルシウム・カリウムなどのミネラル類がたっぷり含まれており、さらに食物繊維や辛味成分のイソチオシアネート、苦み成分のケンフェロールも含まれています。

 

 

血流の流れがスムーズになるのを助けたり、冷え性や肩こり、頭痛などの症状が緩和されたり、菜の花の苦み成分であるケンフェロールとの相乗効果によって、免疫力アップや疲労回復効果も得られます。

 

 

他にも水溶性のビタミンCには美肌効果があり、食物繊維にはお通じの改善など、といった効果が期待出来ますので、女性には嬉しい食材と言えます。

 

 

選ぶ時のポイントは、なるべく花が咲ききっていなく、色が鮮やかな緑色をしているものを。つぼみが密着していて、形がそろっているものがいいらしいです。

 

 

スーパーなどで購入する場合は、茎や葉がしなっとなっておらず、シャキッと新鮮なものを(^_-)-☆

 

 

また、茎の切り口をみて、色が茶色に変わっているものは鮮度が良くないです。

 

やはり、菜の花の一番メジャーな食べ方はおひたしですね。

 

 

菜の花2

 

茹でた菜の花に、鰹節とポン酢やしょうゆ、マヨネーズなどで食べてもよし、すりごまをかけて、砂糖としょうゆ甘めの味付けも美味しいです♡

 

また菜の花とベーコンのペペロンチーノもお勧めですよ!

 

ペペロンチーノ

 

この機会に菜の花を食べて、春を感じるとともに、乱れた食生活を改善してみるのもいいですね(^^♪

 

今日は3月にしては暖かすぎる陽気になりそうです。水分補給を忘れずに元気に過ごしましょう(^O^)/

 

drink_water_boy

 

日は19:30まで診察致しております。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

<新横浜 菊名整骨院>

 

2018年3月27日(火)

お花見☆

 

おはようございます。

 

「新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。」

 

 

今日は「さくらの日」

 

 

この時期になると、まさに春を感じる桜のお菓子や、お茶などを目にしますよね☆

 

 

 

先日も、「さくら」についてお話しましたが、今日はお花見についてです(*^^)v

 

 

お花見1

 

今はお花見と言えば桜ですが、昔々はお花見といえば梅だったようです( ゚Д゚)

 

 

お花見の時には、桜よりも香りが高い中国から伝来した梅を見ていました。

 

実際、『万葉集(まんようしゅう)』でも、桜をよんだ歌が43首なのに、梅をよんだ歌は110首以上あります。

 

奈良時代には、梅の方が倍以上人気だったことになります。

 

しかし、平安時代に作られた『古今和歌集』で桜が70首、梅が18首となり、人気が桜になったようです。

 

 

日本人にとって、桜は人気があり、お祝い事などにも使いたい特別な花でもありますよね。

 

桜ってなぜ人気なのでしょうか?人気がある理由としては・・

 

 

☆冬の後に咲き、春の訪れを教えてくれる。

 

☆短命でパッと咲き散っていくことから、生命の美しさやはかなさを感じられる。

 

☆夜になってもしぼむこともなく、咲いている。

 

☆満開の花はきれいで華やかである。

 

以上の理由が言われています。

 

 

春という始まりと、出会いの季節を象徴する花・・・

生命のはかなさを人生に置き換えてみることもできる花でもあり

花が咲いている時期は夜も楽しめて、とにかく華やか(^^♪

日本人にとって人気の花になっています(⋈◍>◡<◍)

 

春1

 

 

本日は19:30まで診察致しております。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

<新横浜 菊名整骨院>

 

2018年3月26日(月)

アイスクリーム☆

 

おはようございます。

 

「新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。」

 

今週は春の陽気になるみたいですね(^_-)-☆

 

 

気温が上がると食べたくなるアイスクリーム(⋈◍>◡<◍)

 

 

アイス3

 

気温が22℃~23℃になると、アイスクリームが食べたくなり、27℃ぐらいが最も売れると言われています。

 

 

種類も豊富で、買う時に迷ってしまいますよね(^^♪
 

 

アイスクリームは賞味期限や消費期限が 記載されていませんが、なぜ?っと思いますよね。 また、実際はどのくらいまで 日持ちするのでしょう?
 

 

アイスクリームに賞味期限などが記載されていないのは、 賞味期限等がないわけではなく、法律上省略してもよいそう。

 

 

アイスクリームはもともと冷凍保存(-18℃以下)を前提に作られています。

 

 

原材料の品目も少ないことから、この状態では菌などの繁殖はなく品質の劣化も低く、安定した食べ物であることから 賞味期限を省略してもよいとされています。

 

 

これは日本だけでなく、世界的に賞味期限や消費期限を表示する義務がないんだそうです。 ※一部賞味期限が表記されているものもあります。

 

 

ただ家庭用冷蔵庫は、業務用冷蔵庫の様に低温で状態よく保存することができません。

 

 

通常、家庭用冷蔵庫の冷室庫の温度は、-20度前後ですが、冷凍庫にたくさん食べ物を 入れていたり、夏場室内が35℃など高温になっていたり、頻繁に扉を開け閉めすると、 -18℃まで行かないこともあります。

 

 

家庭用冷蔵庫の場合、保存状態が良ければ、長期にわたり劣化もせずに 保存できるのですが、通常は上記のようなことからしっかりと 保存することは難しいと考えられます。

 

 

風味などにこだわらなければ、1年でも2年でも保存は可能ですが 風味を気にするのであれば目安として1か月程度と見る方が良いかと思います(*^-^*)

 

 

日中暖かいので、お花見散歩で軽い運動しながら桜を見るのも良いかもしれませんね♪

 

gatag-00005362

 

本日は19:30まで診察致しております。

些細な痛みも我慢せず、ご来院ください。

<新横浜 菊名整骨院>

 

 

2018年3月24日(土)

さくら

おはようございます。

 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

3月といえば……お花見ですよね(^^♪

そしてお花見といえばサクラ!!

サクラっていい香りですよね( *´艸`)

サクラ

実はサクラはバラ科なんです!知ってましたか?(゚д゚)

 

サクラには美容や健康にいい成分が入ってるんです★

 

サクラは気持ちを穏やかに整えたいときにおすすめの香りでアロマも人気です。 優しく広がる美しい香りが辛いことや悲しいことを包み込んでくれるようです(*’ω’*)

サクラのある国に生まれて良かったぁ(((o(*゚▽゚*)o)))

また、からだの痛みや緊張を和らげ、リラックスを促します。 血行を促進するので冷えの緩和にはアロママッサージが効果的です! アロマ用クリームやジェルなどと混ぜて使用すると手軽に楽しめて こころとからだの痛みを感じるときには芳香浴もおすすめです。

 

サクラは肌とこころがすっきりと明るくなるような香りです♪ 年齢の出やすい手元のケアにハンドクリームとして使用すると くすんだ手元が明るくなりますよ☆
皆さんもサクラで心も体もリラックスしてみてはいかがでしょうか?

 

本日は、18時00分まで診療してます。

些細な痛みでもご来院下さい。

 

<新横浜・菊名整骨院>

2018年3月23日(金)

乳酸菌

おはようございます。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

皆さんは毎月23日は「乳酸菌の日」って知ってましたか?

 

「2」と「3」の語呂合わせで「乳酸(にゅうさん)」とし、体に良い乳酸菌を活用した商品をアピールする日として、毎月23日と2月3日をカゴメ株式会社が「乳酸菌の日」に制定したそうです。

乳酸菌

☆乳酸菌とは 糖類(炭水化物)を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。腸内には腸内細菌が約400種、数にすると100兆個、重さにすると1kg存在するといわれています。

そのうち乳酸菌と呼ばれるものは約40種類あり、乳酸菌は人間の腸内で身体にとって良い働きをするものが多いと言われています。

☆乳酸菌の種類 乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)、LG21乳酸菌、ラブレ菌などヨーグルトのパッケージで見かけたことがあるのではないでしょうか。

☆乳酸菌と発酵食品 乳酸菌=ヨーグルトをイメージする方も多いと思いますが、日本の伝統食である醤油、納豆、漬物をはじめ、キムチやチーズなどの発酵食品にも乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は胃酸や熱にとても弱いという特徴がありますが、昔ながらの発酵食品に含まれる乳酸菌は胃酸に溶けることなく、生きた状態で腸内にたどり着けると言われています。

腸内細菌は、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割は日和見菌(ひよりみきん)といって腸の状態によって悪玉菌に味方したり、善玉菌に味方したりします。日々の食生活の中に発酵食品を取り入れ、乳酸菌をしっかりと摂取することで腸内では善玉菌が優勢となり、便秘や肌荒れ解消、免疫力が高まります!最近の研究では、虫歯を予防する、アトピーや花粉症などのアレルギーを抑えるなどの働きがあるとされています。

乳酸菌を多く含むのは発酵食品です。和食には発酵食品がたくさん含まれていますので、まずは1日1回を目安に取り入れてみましょう。

 

 

本日は19時30分まで診療しております。

些細な痛みでも我慢せずご来院下さい。

 

<新横浜・菊名整骨院>