診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2018 1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2014年12月12日(金)

菊名整骨院は女性にも安心な整骨院です

 

神奈川県横浜市港北区にある菊名整骨院は、女性にも安心な整骨院です。当院は常勤である院長が女性のため、お申し付けいただければ院長が対応いたします :-P

菊名整骨院なら通院に際しての女性特有の悩みを解消できます!

  • 身体の事を男性の先生に相談するのはちょっと抵抗がある、言いにくい・・・
  • 男性の先生に診察、治療で身体を触られるのはちょっと抵抗がある・・・(例えば腰や股関節や胸の辺りが痛いので女性の先生に診てほしいと来院された方は多くいます)
  • 小さな子供がいるから通院しにくい・・・→菊名整骨院はベビーカーもそのまま院内に入ることができ、また、治療を受けられるお母様の隣にベビ-カ-を並べてお子さんの顔を見ながら治療を受けることができます。 お母様の顔が見られるのでお子さんも安心されています :-)               みなさん気軽に来ていただいています。まずはご連絡ください :-D

2014年12月11日(木)

スポ-ツで活躍されている方に菊名整骨院です!

神奈川県横浜市港北区にある菊名整骨院にはスポーツやお稽古での怪我で治療にいらっしゃっている患者さんも多くいます .

例えば、部活やサ-クル、趣味の習い事でテニス、サッカー、フットサル、野球、剣道、バスケ、ラクロス・・・・近隣には港北スポ-ツセンターやスポ-ツクラブ、ダンス教室・スケート場・空手道場などもあるのでウエイトトレ-ニング、水泳、スケート、空手による怪我の痛み、フラダンス、太極拳・・・など、スポ-ツを楽しみ、活躍されている方が大勢いらっしゃっています。みなさん今の怪我を早期回復させて楽しくまたスポーツしたい、試合や大会、発表会のため早く復帰をのぞんでいたりするので、菊名整骨院ではその御手伝いをさせていただいています。

また、怪我に備えた傷害保険に加入されている方も多く、事前に申し出ていただければ対応させていただいています 。

2014年12月10日(水)

患者さんからいただいた菊名整骨院の感想です

おはようございます。今日も朝9時から19時半まで診療している菊名整骨院です :-P

今日は菊名整骨院に通院されている患者さんから直接会話の中でいただいたコメントを載せさせていただきます :-D

・薬に頼らずに先生に教えてもらった食べ物とるようにしたら、調子がいいです

・家族に「いつも痛いと愚痴っていたのがなくなったね」と言われました

・いつも肩が痛くて無意識にいっていた手がいつの間にか肩に行くことがなくなりました

・先生に相談してだしてもらったサポーターがすごく自分にあったもので、てきめんに痛みが和らぎました。今まで自分の判断で選んで使っていたものより効果あります。体のプロに相談してよかったです。

みなさんからこのようなお言葉をいただくとお役に立ててうれしいなと感じます!今後も菊名整骨院をよろしくお願いいたします! :-P

2014年12月9日(火)

医療控除で注意すべきポイント②

昨日の医療控除の対象になるものに続いて、医療控除の対象にならないものを挙げていきます :-)

○医療控除の対象にならないもの

・病院において、基本室料のほかに支払ったいわゆる「差額ベッド費用」

・診療後に発行を受けた「診断書」などの文書料

・人間ドッグ・健康診断費用(これにより疾病が発見され治療を受けた時は対象となります。)

・漢方薬、健康食品、医薬部外品の購入費用(漢方薬は医師の指示書があれば対象となります)

マッサージサロンや気功治療の対価(無資格者による施術は「治療」に該当しません。)

・補聴器購入費用、美容のための整形手術費用、審美歯科矯正費用(子供の歯列矯正は対象になります)

・予防のための医療費(マスク、インフルエンザ予防接種料、うがい薬、手指消毒液など)

以上が医療控除の対象にはなりません。

 

2014年12月8日(月)

医療費控除で注意すべきポイント①

 

今日は整骨院における医療控除に関して控除の対象となるもの、ならないものについてお伝えしていきます。

○医療控除の対象になるもの

医療控除の対象になるものを判定するときの原則は「治療」のために直接要した費用です。

この費用は保険診療・自費診療に関わらず控除対象となります。また、治療を受けた人は「同一生計者」であればよく、扶養家族である必要はありません。

例として、以下のものは控除対象になります。

・風邪、頭痛、胃痛、捻挫などのため薬局で購入した市販薬(処方箋は必要ありません)肩こりや疲労回復用の医薬品または医薬部外品は控除対象にはなりません。

・治療のためのあんまマッサージ指圧師・鍼灸師・柔道整復師(➡私たち菊名整骨院の術者スタッフの持っている国家資格です)などによる施術の対価

・通院時の交通費(電車やバスはOK。タクシーは必要状況下でOK。マイカー使用によるガソリン代や駐車料金は不可)

が整骨院にかかった際に対象となるものでしょうか。

詳しくは菊名整骨院スタッフにおたずねください :-P