診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2018 1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2017年11月4日(土)

風邪予防の野菜

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

yasai

 

11月は、朝晩の冷え込みはさらに厳しくなり冬の準備の助走期間を迎えます。この時期には体内を温める食べ物をしっかり取り、呼吸気管を保護することがとても大切です。乾いた空気は肺などの呼吸気管を直撃しやすく、免疫力が低下すると風邪をこじらせ肺炎などにかかるリスクも上がります。 11月は胃腸の働きを高め、体を温める根菜類がますますうまみを増してくる嬉しい季節です。日々の食事から免疫力を強化し秋の冷気に負けない体力をつけましょう。

 

カリフラワー (ビタミンC、カリウム、食物繊維)

・がん予防・便秘予防・高血圧・風邪予防・動脈硬化・美肌

ごぼう (食物繊維)

・むくみ・美肌・便秘・精力増強・せき・虫刺され・解熱作用・湿疹・高血圧・がん・動脈硬化

 ③セロリ (ビタミンA、カリウム、食物繊維、アピイン、フラボン類、アビオイル)

 

・鎮痛作用 ・高血圧予防 ・動脈硬化予防 ・便秘解消 ・ガン予防 ・イライラ解消

 

ブロッコリー (ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、葉酸、ビタミンK、カリウム、クロム)

 

・がん・シミ・ソバカス・老化防止・風邪の予防

 

里いも (カリウム)

 

・腎臓病・糖尿病・老化防止・便秘・下痢・打ち身・ねんざ・肩こり・やけど・虫刺され

 

11月はこのような野菜が風邪予防に最適のようです。

バランスの良い食生活を心掛けこれからの寒い季節を元気に乗り越えましょう!!

 

 

本日は、18:00までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

 

2017年11月2日(木)

水分補給足りてますか?

おはようございます。新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分のところにあります。

菊名整骨院です。

今朝は気持ちよく晴れましたね!

暑さが和らぐと水分補給が少なくなりませんか?

一日2リットルほどの水分を身体は要求しています。

一度にたくさんでなく、こまめにコップ1杯の水やお茶が良いそうです。

コーヒーはカフェインが入っているので、利尿効果が高くお勧めできません。

治療前、治療後にも適度な水分補給をお願いします。

 

明日は祝日ですが診療いたしております。

明日の診療時間

午前9時~13時

午後15時~18時までとなっております。

些細な痛みも我慢せずご来院ください。

<新横浜 菊名整骨院>

 

 

2017年10月31日(火)

寄り道散歩

こんなちわは。

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分のところにあります。

菊名整骨院です。

台風が去り、いっきに寒さが参りました。

これからの季節ついつい外出が億劫になりますが、

ちょっと散歩をしてみませんか?

いつもの買い物のコースを変えてみる。

ちょっと早起きをして一つ手前の駅で降りてみる。

新たな発見があるかもしれません。

家にこもりがちな季節

一歩踏み出せば気持ちもアップします。

プチ散歩お勧めします。

<新横浜 菊名整骨院>

 

 

 

2017年10月30日(月)

 

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

oshirase

 

 

 

 

11月3日(金) 文化の日は、

 9:00~13:00

15:00~18:00

の診療となっております。

 

みなさん、 温活 >はされたことありますか?

首にこりや痛みなどの不調があると、そのストレスによって自律神経の働きが低下します。

自律神経は腸や胃などの消化器系の働きをつかさどるため、その影響で腸の働きが悪くなり、便秘などが起こりやすくなります。さらに、お通じが悪いと腸に老廃物がたまり、腸内環境が悪化。こりや疲労が起きるだけでなく、肌あれしたり、太りやすくなったりするほか、精神状態に悪影響を与えることもあります。

この状態を改善するには、「首温活」と腸のケアを取り入れ、首と腸の両方からアプローチするのが有効です。

《 首温活と腸内環境を整える7つのポイント 

 

① 起きたらコップ1杯の水を飲む

水を飲むことで胃腸の神経が適度に刺激され、朝食の消化吸収がよくなり、腸の働きが活性化。自律神経のバランスを整える効果もあります。

② 朝食をとって腸を動かす

バランスのよい食事が理想ですが、時間がなければバナナ1本、スムージーや青汁1杯でもよいのでお腹に入れてから出かけましょう。

③ 水溶性食物繊維と発酵食品を積極的に摂る

腸内環境をよくするには善玉菌を増やすことが大切。善玉菌の大好物である食物繊維、とくに水溶性の食物繊維を積極的に摂るのが有効。また、発酵食品に含まれる乳酸菌や酵母菌なども善玉菌のえさになり、腸内環境をよくするのに役立ちます。

・水溶性の食物繊維を多く含む食品

ゴボウ、アボカド、いんげん豆、ニンジン、オクラ、なめこ、押し麦、そば、海藻類など

・発酵食品

納豆、ヨーグルト、ナチュラルチーズ、甘酒、ぬか漬け、キムチ、みそ、酢など

④ 駅やオフィスではかならず階段を使う

階段を上る、ウォーキングをするといった軽い運動は副交感神経の働きを刺激して、自律神経のバランスを整えるため、腸の働きや血行をよくしたり、全身の緊張をやわらげてリラックスさせたりする効果が期待できます。

わざわざ運動する時間を取れないという人でも、通勤やオフィス内の移動の際に、1日3階ぶんを目安に階段の上り下りをする程度なら実行できるはず。1週間続ければ習慣が身について楽になります。階数を増やす、ウォーキングを組み合わせるなど、適度な運動として継続しましょう。

⑤ 温熱シートやホットタオルで首温め

首がこると腸内環境が悪化しやすくなります。腸の状態をよくするためには、首温めで首をよい状態にキープすることが大切です。

とくに温めるとよいのは首の後ろあたり。ホットタオルや肌に直接貼れる温熱シートを使って、心地よく温めましょう。昼間に疲れを感じたときや、夜の就寝30分前がおすすめです。

⑥ ぬるめのお風呂でリラックス

入浴の際は、38~40℃のぬるめのお風呂に首まで5分間つかりましょう。さらに余裕があれば、半身浴を10分間プラス。炭酸ガス入りの入浴剤を入れることで、10分程度の短め入浴でも、血流がよくなり、身体の芯から温まります。

⑦ 腸を温める

お腹を外から温めることで、胃腸の働きが活発になります。温めるときは濡らしたタオルを20秒程温めた蒸しタオルや温熱シートなどを上手に活用しましょう。

body_chou_good

これから益々気温の低い日が多くなり筋肉も固まりやすく自律神経も乱れやすくなりますのでぜひ、首温活をして寒い冬を乗り越えましょう(^^)/

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

 

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

≪新横浜・菊名整骨院≫

2017年10月27日(金)

平均湿度が下がっている

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

 

kumakan1

 

11月3日(金) 文化の日は、

 9:00~13:00

15:00~18:00

の診療となっております。

 

 

ここ最近の100年で東京の平均湿度がどんどん下がっていることをご存知ですか?

「平均湿度が下がる」ということはつまり、日本はどんどん乾燥してきているようです。

 

空気が乾燥すると、のどのバリアー機能が弱くなってしまい、

のどからインフルエンザや風邪のウイルスが侵入しやすくなります。

血液中の水分まで減ってくると、血液がドロドロしてきて血圧も高くなります。

そうなると、心筋梗塞も発生しやすくなるようです。

冬の時期に心筋梗塞で亡くなる方が増えるのはこのような理由です。

 

乾燥には先で紹介したような健康状態悪化のリスクが含まれています。

脱水のサインに気づいて注意していきましょう!

 

脱水のサイン

脱水症状として、手先の皮膚が乾燥する、

口の中が粘つく、体のふらつきなどがあげられます。

このような症状が現れた場合には、脱水対策として

これから紹介する方法を試してみましょう。

冬脱水対策(1)保湿クリームで乾燥肌対策

肌には保湿クリームをしっかり塗ること。

顔ならばセラミドや植物性オイルがたっぷり入ったものが

よいでしょう。

冬脱水対策(2)加湿器で湿度調節

室内では加湿器をつけること。

湿度が40%以下になると体にさまざま支障をきたすので、

湿度を40%以上に保つようにしましょう。

冬脱水対策(3)就寝前には水分補給を

夜寝る前にコップ一杯の水を飲むこと。

夜寝ている間も体は乾燥していきます。

血液もドロドロになりやすくなるので、

水分を補ってから寝るようにしましょう。

 

この3つをしっかり守って気をつけましょうね!

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております(^^)/

 

 

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

≪新横浜・菊名整骨院≫