診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2017 11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2017年11月6日(月)

秋冬花粉症

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

mask_woman

 

花粉症というと東京だと春の初めの方から飛んでくるスギ、ヒノキの花粉によるものというイメージが強いと思いますが、実は11月12月など秋冬にも花粉症の原因になる花粉がたくさん飛んでいます 症状が出ないようにするには花粉を避けることが一番なので、秋の花粉症の原因になる植物をご紹介します。

① ヨモギ

春には草餅の材料などとして有名なヨモギですが、秋になると花粉症の原因になる花粉を飛ばす植物に変わります。昔から草餅など食用はもちろん、薬草としても使われていたヨモギは、日本中のどこにでも生えているので避けるのが難しい植物です。

② ブタクサ

ブタクサはキク科で背が高く成長するのが特徴で、大きいものでは1.5mほどまで伸びます。ほかの秋冬に花粉を飛ばす植物に比べると背が高いので、その分遠くまで花粉を飛ばすことができるので注意が必要です。またこの植物もどこにでも生えてくる強い植物になっています。 ブタクサは別名「喘息草」と呼ばれています。ブタクサの花粉の大きさは、他の花粉に比べて小さく喉の奥まで入りやすいので症状として咳が出ることがあります。

③ カナムグラ

カナムグラは秋に花粉を飛ばす植物で、繁殖力が強いのでなかなか駆除しにくい植物です。ビールの原料のホップに近い種類の植物で、野原に生えるというよりもやぶや茂みなどに生えている植物です。 またカナムグラを除去しようとする時は抜くのではなく、除草剤を使いましょう。棘があって抜くと危険で生命力も強いので根が残るとまた生えやすくなってしまいます。

 

《 花粉症の予防法 》

① マスク・眼鏡

まずは定番のマスクです。秋冬の花粉は、スギやヒノキなどの春に飛ぶ花粉に比べると大きさが小さいものが多くなっています。春に使って大丈夫だったからといって、それが秋冬でも使えるとは限らないのでなるべく目の細かいものを選びましょう。 眼鏡も花粉症対策には重要なものです。花粉症というと鼻水を想像しますが、目のかゆみも花粉症の人にとってはキツイ症状の一つです。

② 免疫力を下げないこと

花粉症は免疫との関係が深く、免疫力が低下していると花粉症の症状は悪化します。 免疫力を下げる原因としてはストレス、食生活の乱れ、睡眠不足が主にあります。日常生活を整えることで免疫力の低下を防ぐことができます。年末にかかる11月12月は忙しいとは思いますが、きちんとした生活習慣を心掛けましょう。

③ 飲み物

花粉症におすすめの飲み物は緑茶と乳酸菌飲料です。緑茶には抗アレルギー作用があるメチル化カテキンが含まれており乳酸菌飲料には腸内環境を整える効果があり免疫力を上げるには効果的です。

 

 

花粉症の対策は自分自身で出来るものばかりですが日常生活に悪影響がでてしまう時は早めに医療機関を受診するように

しましょう。

masuku

 

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。