診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2017 8月
« 7月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スタッフブログ

2017年8月5日(土)

現代型夏バテ

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

これまで夏バテの原因は、暑さと紫外線によるものと言われてきましたが、

最近では、「暑さ」「紫外線」に加え、「室内外の気温差」「エアコンによる冷え」

「冷たいもののとり過ぎによる内臓冷え」によって、体調を崩す女性が増えているようです。

暑さを避けるための工夫が、かえって身体を外からも中からも冷やす環境を作り、

エネルギーを奪ってしまうのです。

 

 natsubate_girl2

 

 

 【現代型夏バテの原因】

 

室内外の温度差

夏の暑い屋外と冷房の効いた室内の温度差によって、身体がバテてしまう人が増えています。

室内外の温度差が大きい環境では、体温調整のために常に交感神経が働き、エネルギーを必要以上に消耗してしまいます。

「猛暑日といわれる35℃のときの冷房の設定温度」を聞いたところ、

平均26℃で温度差が10℃近くあることがわかりました。

室内外の温度差が大きいと身体が疲れ、エネルギーを消耗し、

身体への負担も大きくなって夏バテしやすくなります。

 

★冷房による冷え★

電車やオフィスなどの冷房により、夏でも身体が冷えがちに。

また、オフィスワークなどで座っていることが多い人は、冷房による冷えに加え、

運動によって熱が作り出されないため、さらに冷えやすくなります。

 

★内臓の冷え★


最近では、冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎによって「内臓冷え」を起こし、

胃腸の調子が悪くなったり、身体がだるくなったりする女性が増えています。

熱中症対策で冷たい飲み物をとり過ぎたり、食欲がないからといって、

そうめんや冷やし中華などの冷たい麺類やかき氷などの

冷たいスイーツを食べ過ぎたりすると、

「内臓冷え」になりやすいため注意が必要です。

このように、外からも中からも冷やされる環境や、

夏の室内外の温度差が、現代型夏バテを招いているようですよ。

私もこの暑さで、連日冷たい飲み物を飲むようになってしまい、

お腹が冷えてしまいました。

内臓冷えなのか、口まわりに吹き出物が出来たので温かい飲み物も

とるようにしていこうと思っています。

冷え対策をしっかりして、夏を楽しみましょう!

 

 

本日は、18:00までの受付となっております(^^)/

 

 

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・
負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

≪新横浜・菊名整骨院≫