診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2017 11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2017年11月24日(金)

免疫機能

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

menneki

 

普段生活している身の回りには、細菌やウイルス、ホコリなどが数多く浮遊しています。

このような有害物質にさらされても病気になりにくいのは免疫という防護システムがあるからです。

免疫機能は身体を健康に保つ力ですが過剰のストレスがかかったり生活習慣の乱れにより正常に

機能できなくなります。

免疫機能を正常に機能させるためには自律神経がバランスよく働いているかが重要です。

自律神経には、交感神経副交感神経があり、交感神経は主に日中活動している時に優位となり全身の活動力を

高める神経で血圧や血糖値を上昇させたり血液を筋肉や脳に集めます。

副交感神経は夜リラックスしている時などに働きます。

身体を回復させる力と内臓の機能を高めたり免疫機能を正常にする機能があります。

 

ストレスは良くないと言われていますが溜め込みすぎなければ全くストレスのない状態よりも体にメリハリが

付き日常生活を送りやすくなります。

ストレスをため込みすぎると自律神経の働きが乱れ常に交感神経が優位になり免疫機能が正常に働きません。

なのでなるべく自分の時間をつくり好きな事をしてストレスを溜めすぎない体をつくりましょう。

 

 

《 自律神経を安定させるために 》

①身体を1日10分でもよいので動かす習慣をつくる。

運動は免疫機能向上、生活習慣予防、転倒防止、脳を活性化させる効果があります。

②食事

免疫機能を維持するには良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが必要です。

③睡眠

夜は副交感神経、日中は交感神経が優位に働くという自然な切り替えをするために睡眠のリズムを確保

することが重要です。

④良く笑うこと

笑うと副交感神経が優位に働き、NK細胞という免疫をつかさどる細胞も活性化されることがわかっているので

少しでも良いので1日のうちに笑う時間をつくりましょう。

⑤身体を温める

体温が高いとリンパ球が増えて免疫機能が高まり、身体が温まると血管が拡張して副交感神経が優位になり

リラックス効果がでます。

入浴は必ず湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。

シャワーだけだと交感神経が刺激されリラックスできなくなります。

 

 

どんな人でも日々仕事や家事、勉強などで時間に追われながら生活していますが時には手を抜くことも

自分の免疫機能を上げるには必要な事かもしれません。

良い生活習慣の人ほど長生きすることもわかっています。

ストレスを減らし免疫力を上げて長生きできる健康な体づくりを目指しましょう。

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

 

2017年11月23日(木)

筋肉痛

 

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

zenshin_kinnikutsuu

 

皆さんも、筋肉痛に一度はなったことがあると思います。

筋肉痛は、広義には肉離れに分類されます。

一般的には、運動後数時間から~1・2日で生じる遅発性筋痛を筋肉痛と呼びます。

普段使わない筋肉を突然動かしたり同じ筋肉を使いすぎると筋維に傷が付きます。

損傷した筋繊維を修復するために白血球を中心とした血液成分が炎症の起きている部分に集まり刺激物質

が生産され筋膜を刺激されることでその刺激が脳に伝わり痛みとして認識されて起こるものが筋肉痛です。

なぜ時間差で筋肉痛は起こるのかというと、普段から動かしている筋肉には血液を送るための毛細血管が

発達していますがあまり動かさない筋肉には毛細血管がしっかりと張り巡らせていないため損傷した筋繊維に

血液成分が集まるまでに時間がかかり発痛物質が生産されるまでも時間がかかるので遅れて痛みを感じるように

なっていると考えられています。

もう一つの説として疲労物質である乳酸が原因ともいわれています。

これは激しい筋収縮によって筋肉への酸素供給が間に合わなくなるとエネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を

起こし、その時に残った乳酸の量が多いと代謝されずに筋肉中に溜まり乳酸が溜まったまま筋肉が縮んでしまうと

筋肉を通っている血管を押しつぶしてしまい血流が悪くなります。

そのため疲労感やだるさを起こすというものです。

現在では乳酸よりも損傷した組織の再生途中で起こる痛みであるという説の方が有力と言われています。

 

《 筋肉痛を緩和、予防するために、、、 》

①ストレッチ、入浴を行い血流をよくする。(熱を持っているときは温めずに必ず冷やす。)

②エネルギー代謝や疲労改善に効果のあるビタミンB1の摂取

(豚肉、鶏肉、大豆、鰹節、インゲン豆に多く含まれます。)

③運動前後のウォーミングアップ、クールダウンを時間をかけて行う。

④運動前のアミノ酸摂取

(筋肉内で筋肉内でエネルギー代謝に作用するためスタミナアップに効果的です。)

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

2017年11月21日(火)

質の良い睡眠

 

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

bed_boy_wake

 

 

睡眠は日々の健康を維持するためにとても大切な事です。

1日の疲労回復をする役割や免疫機能を強化する役割もあります。

しかし仕事や家庭でのストレス、自分自身へのプレッシャーなどで眠れない状況が

1ヶ月以上続いてしまっている時は睡眠障害を引き起こしているかもしれません。

寝室の騒音、照明、就寝前のカフェインの摂取などの小さなことの積み重ねにより

睡眠障害となることもあります。

 

自覚症状としては熟睡できない、朝早く起きてしまう、寝つきが悪く途中で起きてしまうことなどが

あげられます。

逆に夜に充分な睡眠を取っているにも関わらず日中に眠くなる時は、過眠症の可能性も考えられます。

他覚症状では、いびきが途中で止まる状態、この場合10秒以上呼吸が止まっているときは睡眠時無呼吸症候郡を疑います。

他には、寝言や寝ぼけ行動などの症状も睡眠障害の疑いを持ちます。

 

そこで快適な睡眠の7か条として厚生労働省が整理したものがあります。

①快適な睡眠でいきいき健康生活

快適な睡眠で、疲労回復・ストレス解消・事故防止。

・睡眠に問題があると、高血圧、心臓病、脳卒中など生活習慣病のリスクが上昇。

・快適な睡眠をもたらす生活習慣。
②睡眠は人それぞれ、日中元気ハツラツが快適な睡眠のバロメーター

・自分にあった睡眠時間があり、8時間にこだわらない。

・寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る。

・年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通。
③快適な睡眠は、自ら創り出す

・食後のカフェイン摂取は寝付きを悪くする。

・眠薬代わりの寝酒」は、睡眠の質を悪くする。

・快な音や光を防ぐ環境づくり、自分にあった寝具の工夫。
④眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる

・軽い読書、音楽、香り、ストレッチなどでリラックス。

・ 自然に眠たくなってから寝床に就く、眠ろうと意気込むとかえって逆効果。

・ ぬるめの入浴で寝付き良く。
⑤目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン

・同じ時刻に毎日起床。

・早起きが早寝に通じる。

・ 休日に遅くまで寝床で過ごすと、翌日の朝がつらくなる。
⑥午後の眠気をやりすごす

・短い昼寝でリフレッシュ、昼寝をするなら午後3時前の20~30分。

・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。 長い昼寝はかえってぼんやりのもと。
⑦睡眠障害は、専門家に相談

・睡眠障害は、「体や心の病気」のサインのことがある 寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても日中の眠気が強い時は要注意

・睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりも要注意

※厚生労働省 「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書 平成15年3月」より

 

 

質の良い睡眠を確保ためにはまず、光りの効果があります。

人の体内時計は24時間より少し長めの周期になっているため(概日リズム)体内時計を少し

早めておかないとどんどん後ろにずれてしまいます。

朝の光にはそのずれを速める効果があると言われています。

特に起床直後の光を浴びることが最も効果的なので朝起きたらまずカーテンを開け朝日をたくさん浴びるように

しましょう。

ほかには、無理のない程度の有酸素運動や睡眠2~3時間前の入浴をすると寝つきが良くなりやすく

深い睡眠を確保すことができます。

 

 

睡眠時間をしっかりとることは難しい事ですがその中でも質の良い睡眠を取れるように

心掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

 

 

2017年11月20日(月)

ぎっくり腰

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

koshi

 

冬になると冷えにより筋肉の柔軟性がなくなりぎっくり腰を起こしやすくなります。

ぎっくり腰は正式には「急性腰椎捻挫」と呼ばれ、洗面台での中腰の時間が長かったり、

重い荷物を持ち上げた時、身体の冷え、筋力低下、長時間不自然な姿勢を取り突然動き始めたとき

などにより急激に腰椎に負担がかかり椎間関節の不安定性や筋膜の緊張が起こり発症します。

 

ぎっくり腰は、急性の捻挫の為痛みのある部分には2~3日程組織が回復するために炎症反応が続きます。

患部を温めてしまうと血管が拡張し炎症が収まらないので血管を収縮させるために必ず氷水で冷却を行いましょう。

受傷直後は、どの動作をしようとしても激痛です。

無理に動こうとするとさらに炎症が悪化しどんどん痛みも増してきます。

早く良くするためにはまず安静と冷却がとても大切です。

患部の痛みを和らげるために姿勢筋に対するキネシオテープやコルセットで骨盤を安定させることも重要です。

 

 

症状としては1~2週間ほどで普段の生活が送れるくらいに回復しますが痛みが減って動けるように

なる時が最も再受傷しやすいときです。

痛みがなくなってもしばらくはテーピングやコルセットをつけ予防しましょう。

 

 

日頃から筋肉に柔軟性を持たせるためにストレッチや温め、運動不足解消などを行っておくように

心掛けましょう!!!!

 

 

 

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。

 

2017年11月17日(金)

乾燥肌

 

おはようございます!

新横浜から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分の所にあります、菊名整骨院です。

 

1a157badb70a7c6e919db336756bdd88

 

冬は大気の乾燥や気温の低下により肌が乾燥しやすくなります。

外側から保湿クリームなどを塗ることも一つの対策ですが内側からの対策も

大切にしましょう。

 

〖 乾燥肌に効果的な食べ物 〗

①卵

卵には肌の乾燥を防ぐ脂質とタンパク質、ビタミンAが豊富に含まれています。

肌のもちもち感をつくりだすにはアミノ酸も必要です。

コラーゲンの主成分もアミノ酸であり卵はとても効果的です。

 

②納豆

納豆にはタンパク質、ビタミンE、セラミドなどの肌の保湿を高める成分が含まれています。

大豆に含まれるポリグルタミン酸はヒアルロン酸の10倍の保水力があり化粧品などにも使われています。

さらに女性ホルモンを増やす効果にも優れており
③乳製品

乳製品には脂質、タンパク質、セラミドなど肌の保湿に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

しかし乳製品は身体を冷やしやすい食品でもあるのでなるべく温めるようにしましょう。

 

④緑黄色野菜

緑黄色野菜は保湿力を高めるだけでなくβカロテンを多く含むので肌のダメージ回復にも役立ちます。

ビタミンCを含む野菜フルーツには乾燥肌だけではなくシミのない美肌にも効果的です。

 

⑤はちみつ

蜂蜜は保湿作用、殺菌作用もあり肌の健康に不可欠なビタミンB2、B6、Cを大量に含むので内側からも

外側からも効果を期待できるスーパー美容食品です。

 

⑥ネバネバ食品

オクラ、山芋、納豆などの食品は身体全体の保湿力をアップさせます。

細胞の水分量を保つのに欠かせないムチンが多く含まれており肌の老化防止にも有効です。

 

⑦ナッツ類

ナッツ類には脂質、ビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれているので保湿保持に有効です。

植物性油、ビタミンEも含まれているので女性ホルモンの分泌の手助けにもなります。

 

 

〖 摂りすぎ注意の食品 〗

①甘い物

甘い物を過剰に摂取してしまうと体内で糖化という現象が起き水分保持を担っているコラーゲンが破壊されてしまいます。

ビタミンB群の無駄遣いとなり新陳代謝も低下します。

 

②刺激物

辛い物などの刺激物は体表部に熱を持たせるため肌を乾燥させ肌荒れを招きます。

 

③カフェイン

アルコールや緑茶、コーヒーには利尿作用があるため飲みすぎると体内の保水量が低下し乾燥しやすくなります。

 

どんなに体に良い食品でも摂りすぎは逆効果です。

どの食品も適量を摂取し冬の乾燥肌対策を行っていきましょう。

 

 

 

本日は、19:30までの受付となっております!(^^)!

 

骨折・不全骨折(ひび)・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・

負傷原因のある肩・腰・膝の痛み等、当院にお任せください!

根本的に治し、本来の状態に戻るまで治療するのが菊名整骨院です。