診療時間

菊名整骨院

〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町480-1

電話:045-431-7466

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。


菊名駅×接骨・整骨部門
2014年11月時点

菊名整骨院の口コミをもっと見る



菊名整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
2017 11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2015年11月7日(土)

湿度

おはようございます(*^。^*) 

新横浜駅から徒歩15分、菊名駅から徒歩8分のところにあります菊名整骨院です☆

今日は天気も良く洗濯日和ですね(^u^)

空気が乾燥して、もっとも風邪をひきやすくなる季節。部屋の湿度をあげて、風邪を予防したいものです。
とはいえ、結露ができるほど部屋の湿度をあげてしまうと、逆にカビがはえるのでは…という心配も。
では、風邪を予防しつつ、部屋を清潔に保つ湿度とは(?_?)

乾燥しない工夫で、かぜ予防を

今さらではありますが、なぜ湿度が大事か? 湿度が高いと、ウィルスは床や地面に落ちてしまうそうですが、大気が乾燥していると、ウィルスも乾燥して、軽くなり、空気中を舞う時間が長くなるからなのだそう。
また、私たちのからだも、乾燥で、のどの粘膜が渇いてしまうと、バリア機能を発揮できずに、感染しやすくなるという面も。

このように乾燥が、ウイルス感染のリスクをあげるということから、体内への感染の窓口を乾燥させないために、「鼻で呼吸する」「顔を手で触らないよう気をつける」というのも予防になります。

・「鼻で呼吸する」=「口呼吸をしない」・・・口が開いてると口内、喉が乾燥してしまうため。
・「顔を触らない」・・・意外にいろいろな菌がついている手で、目をこすったり、鼻をいじったりすると、粘膜から感染することも。

無意識でしていることですが、特に人ごみでは、口呼吸をしない、目、鼻をこすらないようにしようと、気をつけていただくだけでも、予防効果期待できると思います。

洗濯物をお部屋に干す事も睡眠中の喉、お肌の乾燥を防ぐことに、一役かってくれます。

洗濯物を部屋干しするだけで、湿度管理できるなら、お手軽だし、何より、洗濯物のしまい忘れがない!? のも、魅力的に思えますね(*^。^*)

今日は午後14時まで診療しております☆
何かありました菊名整骨院でお待ちしております♪
《新横浜・菊名・整骨院》